水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
大地への刻印 part.1 国土と人々 part.2 国土づくりの歴史 part.3 技術の歩み
わが国の風土と国土

モンスーン帯に位置し、山が急峻で、平地が少ない日本列島。かつては照葉樹林とブナ・ナラなどの林におおわれていた。2千数百年前、ここに稲作が伝播し、数世紀を経て全角各地に広がっていった。それから稲作を中心とする国土づくりがはじまり、明治のころまで稲作が社会の基本ともいえる時代が続いた。
人々は森林を拓き、水を引き、水田や畑で農業を営み、むらをつくり、さらには都市を発展させた。稲作文化とその風土は、人々に勤勉の気風をはぐくみ、農地の拡張は人口の増加を生み、これらのことが現在の繁栄の基礎となった。