水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
大地への刻印 part.1 国土と人々 part.2 国土づくりの歴史 part.3 技術の歩み
むらとその生活

人々はむらに定住し、四季の中でさまざまなはたらきかけを行い、生活を営んできた。その生活は、周辺の農地や山林で行う農業や採集に関連するものか主であった。むらの風景は、昔から今日まで家の形・服装・農耕を除けばあまり変化していない。農具は・木製から鉄の利用へと、さらに機能・形態もゆるやかに多様に進展してきた。生活の中から生まれた祭りや特産品は、内容や形を変えてはいるものの、その名残を、今にとどめている。