水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
大地への刻印 part.1 国土と人々 part.2 国土づくりの歴史 part.3 技術の歩み
土地を拓く

生活の舞台である国土は、歴史上に現れない多くの人々によってつくられてきた。人々は地形の変化に、国引きなどの神話を生み、また自然や地形を生かし、居住地や農地に利用してきた。農地への営みは、利用しやすい湿地(弥生水田)や焼畑にはじまり、しだいに谷地田・棚田・段畑などに展開されるようになった。これらの土地は、時代とともに改良され現在にも受けつがれている。