水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
part.1 国土と人々 part.2 国土づくりの歴史 part.3 技術の歩み
新しい村の誕生,八郎潟

 八郎潟(秋田県)の干拓と新農村建設は、戦後の緊迫した食糧事情緩和および農村の次・三男の就業対策を目的に、昭和32(1957)年、国家的要請としてとりあげられ、オランダの技術協力を得てスタートした。「世紀の干拓」といわれたこの事業は、昭和52年に約850億円をかけて完成、中央干拓15,660ha、周辺干拓1,563ha、入植農家580戸のわが国最大の農村建設と、増反による周辺農家の経営改善を図るものであった。干拓規模の大きさだけでなく、世界最高水準を誇る堤防工事をはじめとする干拓地造成と農地整備の技術が高く評価され、さらにはわが国の農村整備技術の嚆矢として評価された。新しい時代の新しい構想による、農村建設の成果であった。
 この事業によって八郎潟に誕生した大潟村は、わが国水田農業のモデルとしてのみならず、営農の面でも、農村の構造と機能の面でも、将来のモデル農村として計画された。
 営農方式および経営規模は、当初の1戸当たり2.5haから4次入植の10haまでは水田単作で計画され、現在では1戸当たり15haで水稲・小麦・大豆を基幹とする田畑複合の大規模経営(田畑それぞれ7.5ha)が行われている。圃場は大型機械による営農が行われるため、通常の30a区画よりさらに大きな90m×140mの125a区画が基本となっている。これは1,000m×600mの60haを1つの経営単位とし(後に30haを加え90haに変更)、この1単位を圃場への進入、用排水管理、整地作業などの観点から農道や用排水路、畦畔で区画してできる最小単位(耕区)としている。
 もう一つ特徴的なものは、集落計画である。当初は2.5haをもつ個々の農家力例状に道路に沿って並ぶ伝統的な開拓村の形式(列村)で計画されたが幾度となく検討された結果、集落を1か所とし、これを核として干拓地外の周辺市町村と連絡する放射状の道路と域内循環道路の2種類の幹線が骨格となっている。幹線道路から縦横に支線道路が延び、60ha単位で圃場を区画している。
船越水道上空から見た八郎潟干拓地
船越水道上空から見た八郎潟干拓地
 集落が一つにまとまった結果、住居と圃場は完全に分離された形となり、集落地の中でも中央部の居住区と周囲の農業生産施設区(カントリーエレベーター、機械格納庫、育苗施設等)に区分され、生活の場と生産の場が完全に分離されている。居住区の中央には役場や公民館・学校などの公共施設を集中させたセンターベルトが設けられている。
 かくして新村建設の技術の粋を集め、その後のわが国農村開発の様々な新しい課題を提起しながら、大潟村は日本第2の湖、八郎潟の湖底から誕生したのである。
八郎潟干拓

八郎潟は、水面積22、170haの汽水湖で、船越水道で日本海とつながっていた。湖底は皿状で、最深部でも5m位であり、湖底に推積したヘドロは肥沃で、干拓に適していた。潟の周辺、特に東側には平担な耕地が広く開け、馬場目川・豊川・井川の河口付近は、数百年前から細々と干拓され続けていた。
干拓で生まれた大潟村の中心地は、右の図および写真のように計画的な居住区がつくられ、住居と圃場は完全に分離された形となっている。
集落地土地利用図
集落地土地利用図
集落地土地利用図
農家1戸当たり水田面積の比較

農家1戸当たり水田面積の比較
大潟村は、広い耕地面積を、大型機械を使って耕作するモデル農村として建設された。右は、当時まだ珍しかったコンバインによる稲刈作業。(昭和46年撮影)
  集落地土地利用図
前のページへ 次のページへ