水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
地域の礎
カテゴリトップへ
もう一本の吉野川、北岸用水が創造した、藍より碧い穀倉平野。 徳島県 -吉野川北岸農業水利事業-
中四国エリア
戦後の国営事業









孤高の懸河「吉野川」



吉野川流域図
吉野川流域図
 吉野川はその源を高知県土佐郡の四端、瓶ヶ森山(標高1,897m)に発し、途中銅山川、祖谷川と合流し、徳島県池田町より徳島平野を貫き紀伊水道に注ぎます。長さは194km、支流の数は124本(延長1,143km)流域面積は3,750km2 。四国四県にまたがる大河川。利根川の板東太郎、筑後川の筑紫次郎に続く三男坊として「四国三郎」の名で呼ばれています。
 上流水源地の年間降雨量は3,000mmにも達する有数の多雨地帯、降った雨はすべての流れを集め、その最大洪水流量が24,000m/s、一挙に徳島平野に押し寄せ、大洪水を引き起こす暴れ川となります。しかし、渇水時の最低流量は20m/s、川底が見えるまで細り、川の恵みは極端に途絶えます。洪水と渇水という季節による流量の変動が極めて大きいという相反する気性を持った暴れ川でもあります。


徳島県 ―吉野川北岸農業水利事業