水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
地域の礎
カテゴリトップへ
もう一本の吉野川、北岸用水が創造した、藍より碧い穀倉平野。 徳島県 -吉野川北岸農業水利事業-
中四国エリア
戦後の国営事業









荷鉾(みかぶ)構造線と中央構造線



 吉野川の源流は高知の山の中、そこに降った雨は大小の沢を集めて、四国の中央を貫く御荷鉾構造線に沿って東へ流れますが、突然その進路を北に変え、池田町を目指します。そして、今度は、中央構造線が刻んだ渓谷に沿って徳島の河口に注ぎます。
 この地形の影響で思いもよらないことが起こります。徳島平野は晴れているのに、高知の山で降った大雨が突然、徳島平野へ怒濤のように襲ってくる、いわゆる鉄砲水です。これは、遙か上流(高知県)に降った大雨は、高知の方へも、愛媛の方にも流れず、大半がこの吉野川へと注ぐことから起きる現象です。天を恨むしかない自然の摂理。しかし、自国に降った雨が自国に流れない高知県、水不足に悩む愛媛県、その恩恵からもほど遠い香川県、洪水と渇水の被害を被る徳島県、四国四県それぞれの思惑が交差します。
 一方、池田町から吉野川の北に広がる狭長な吉野川北岸平野。この平野の大部分は洪積平野、つまり、土地が高く水がとれない地形です。一見、水に恵まれているように見えるこの地方の歴史は、この自然の地形に翻弄された歴史でもありました。
年間降雨分布図(徳山地方気象台)
    年間降雨分布図(徳山地方気象台)


徳島県 ―吉野川北岸農業水利事業