水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
地域の礎
カテゴリトップへ
日野川の悲願―沃野を潤す水の確保 福井県 ―日野川用水農業水利事業
北陸エリア
戦後の国営事業




日野川と渡来人の足跡



福井県の地形
福井県の地形
図:ジオテック(株) 都道府県別 地形・地盤解説の図に加筆修正
 日本で最も人気があるといわれる米の品種、コシヒカリの発祥の地であり、米どころとして名高い福井県。特に、木の芽峠より北の嶺北地方には、九頭竜川、足羽川、日野川の三本の大河が流れ、肥沃な沖積平野が形成されています。この平野ができたのは、弥生時代のことといわれていますが、そのころ、朝鮮半島を通じて大陸から伝わった稲作の技術は、またたく間にこの地に広がったようです。
 朝鮮半島の東を南へと流れるリマン海流は、南から流れる対馬海流と合流し、山陰や北陸の海岸沿いを北上します。若狭の語源は、朝鮮語のワカソ(行き来)であるともいわれていますが、古代、福井の地では、この海流を利用して朝鮮半島との交流が盛んに行われました。つまり、この地は、農耕をはじめとする大陸の文化を真っ先に取り入れることのできた先進地だったといえます。
 日野川の沿岸には、この時、朝鮮半島から渡ってきた渡来人たちの足跡が数多く残っています。上流の今庄(いまじょう)町は、渡来した新羅人たちの移住地となっていたようで、周辺には、新羅神社や白髭神社など、新羅の国名に関連する名の神社が多数見られます。いずれも、新羅、加羅系の氏族が祖神をまつったのが始まりのようです。
 「日野川」の名は、日野山のふもとを流れることから付けられたといわれていますが、古代には「叔羅川(しくらがわ・しらきがわ)」、中世には「白鬼女川(しらきじょがわ)」とも呼ばれました。どちらも、新羅との関わりを感じさせる名です。


福井県 ―日野川用水農業水利事業