水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
地域の礎
カテゴリトップへ
江戸から続く用水と、霞ヶ浦をめぐる水利の競合 茨木県 ―霞ヶ浦用水事業
関東エリア
戦後の国営事業










江戸に始まる開削の嵐



 東京湾に注いでいた利根川が、現在のように銚子へ向かって流れるようになったのは、江戸時代に徳川家康が行った「利根川東遷事業」によるものです。

 目的は、利根川の水害から江戸を守り、埼玉県東部の新田開発をすること。また舟運を開いて東北と関東との交通・輸送体系を確立することなどに加えて、東北の雄・伊達政宗に対する防備の意味もあったといわれます。
この事業は、当時栗橋付近から江戸湾(現東京湾)に向かう利根川の流れを、台地を切り通して赤堀川として東に移し、常陸川と多くの湖沼を結び付けて銚子に流すものでした。
天正18年(1590)に江戸に入った家康は、関東郡代に伊奈備前守忠次を任命し、この利根川東遷事業を行わせます。そして文禄3年(1594)の会の川締切から60年もの歳月をかけて、忠次から忠政、忠治へと受け継がれました。先史時代から長い間、江戸湾に注ぎ続けていた利根川・渡良瀬川系の主流が、赤堀川の開削により常陸川・鬼怒川水系と合流し、銚子で太平洋に注がれるようになったのは、承応3年(1654)のことです。これによって、わが国最大の流域面積を誇る河川・利根川が誕生したのです。

またこの時代には、利根川の東遷事業のほかに、藩直営の事業として、鬼怒川や小貝川の沿線で盛んに用水路の開削や取水堰の造築などが行われました。 その費用や人足が領内一般に賦課されたことからも、これらの事業がいかに重く見られ、力を注がれたかが分かります。 この時、同時に新田開発も進み、藩の石高増加に大きな役割を果たしました。現在の利根川の本流や支流と那珂川などの沿岸の耕地は、その4分の1が新田としてこの時代に開発されたものです。
そしてこのときに開発された既得用水が後世にわたって主権を握り、新規用水の取水を困難なものにしたのです。


この利根川の東遷は、一方で洪水位の上昇と流入土砂をもたらし、以降水害が多発するようになります。
特に寛保2年(1742)と天明6年(1786)に起きた大規模な洪水で各所が決壊。その上、天明3年(1783)の浅間山の噴火による灰や土砂の堆積で、さらに利根川の川床は著しく上昇しました。
明治・大正期を通じて実施された利根川改修工事は、主にこの浅間山噴火以来の河床上昇に対する事後処理として、浚渫工事に重点がおかれていました。この時の浚渫土砂は築堤用や耕地の造成・低湿田の盛土に利用されましたが、これを機に農業用排水施設の近代化なども行われ、利根川本川のみならず、支派川の改修・整備にも道を開きました。
その中でも揚水機の普及が著しく進み、多数の排水ポンプが導入されました。低平地での農民の排水改良に対する関心はきわめて高く、低湿地の乾田化は明治期以降、昭和期までを貫く基本的課題でした。


茨木県 ―霞ヶ浦用水事業