水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
地域の礎
カテゴリトップへ
伊那の峡谷に天竜川の水を ―長野県 利根中央農業水利事業
関東エリア
戦後の国営事業








天竜の激流



 天竜川。流域延長213km、日本第9位の長さを誇るこの川は、長野県の諏訪湖を源流とし、愛知県をかすめながら、静岡県の遠州灘(えんしゅうなだ)へと注いでゆきます。
 川の名前の多くは、その地名や成り立ちに由来するといいますが、「天竜川」とはなんとも雄大な名前ではないでしょうか。東西を赤石山脈(南アルプス)と木曽山脈(中央アルプス)という日本の屋根にはさまれ、200近い支流の水を集めながら南下するこの大河にふさわしい名前です。
 かつては、天高くそびえる峰からの雨を集めて流れるその姿から「アメノナガレ(天流)」と呼ばれていたそうで、いつしかその激しい流れから「天に昇る竜」の名へと転化していったようです。
 急峻な地形の中を竜のごとく流れる天竜川の奔流は、古来より人々の畏怖の対象であったようです。沿岸の低地では数多くの洪水記録が残されています。


長野県 −国営伊那西部農業水利事業