水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
地域の礎
カテゴリトップへ
老朽化した那須疏水の復興と、さらなる発展をめざした壮大な総合開発 栃木県―国営那須野原開拓建設事業―
関東エリア
戦後の国営事業








水を吸い込む扇状地



地形図
地形図
 
 栃木県の北東部に位置する那須野ヶ原は、那珂川(なかがわ)と箒川(ほうきがわ)に挟まれた約4万haにおよぶ広大な扇状地です。水稲と酪農を中心とする農業が盛んな地域で、北部には塩原・那須温泉といった観光地が隣接し、毎年780万人の観光客が訪れます。
 しかしその昔は、中央を走る奥州街道の北側は、人煙もまれな荒涼たる原野が広がるばかりの土地でした。というのも、砂礫層が厚く堆積したこの扇状地では、降った雨も、山地から流れ出た川の水もすぐに地下に浸透してしまい、水に恵まれなかったからです。比較的流量のある那珂川や箒川から水を引くには、地形的な理由によりかなり高度な土木技術が必要とされます。しかし稲作には理想とされる扇状地。水さえ引ければ稲の黄金郷となることが約束された土地でありながら、それは現実とはあまりにもかけ離れた夢物語にすぎませんでした。
 それが明治時代に入り、日本三大疏水のひとつである那須疏水が開削されると、那須野ヶ原の開拓は飛躍的に進むことになります。そして昭和42年度から平成6年度までの国営総合農地開発事業で用水不足が解消されたことにより、ようやく悲願が達成されたのです。しかし、事業着工にいたる長い道のりは、熱心な地元有志たちによる努力と各関係団体が一丸となった推進活動とともにあり、そして地元農家が受けた悲劇の犠牲をもともなうものでした。


栃木県 ―国営那須野原開拓建設事業