水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
地域の礎
カテゴリトップへ
人間の根元的な水利用、「飲料水」「農業用水」その両方を潤す広域水利ネットワークと水管理システム -東播用水農業水利事業-
近畿エリア
戦後の国営事業





日本一のため池地帯、東播磨



「印南野台地」のため池群
「印南野台地」のため池群
天満大池古図
 東播磨地域は、兵庫県南部の中央に位置し、明石市、加古川市、高砂市、稲美町、播磨町の3市2町からなっています。
気候は日本海側にくらべ、雨の極端に少ない(年間降雨量は1,100mmから1,200mm程度)典型的な瀬戸内気候地帯で、かんがい用水はもちろん、飲み水にも不自由するほどの干ばつ常襲地帯でした。そのためここに住んだ農民達は数多くのため池をつくり田畑を開墾してきました。
 ため池が多い事で知られる香川県が調べたところ、農業用のため池の数としては、兵庫県が1位で43,962カ所で、香川県の2.7倍もありました。
 いまから約2000年前、稲作が行われるようになった弥生時代には、すでにため池が造られていたといわれています。稲美町の天満大池の元となる岡大池は、白鳳3年(675年)に築かれたという記録が残っています。
 この東播磨地域に多くのため池が造られるようになったのは、新田開発が盛んに行われた江戸時代から明治時代にかけてで、現在あるため池の多くは、この時代につくられたものです。


兵庫県 ―東播用水農業水利事業