水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
地域の礎
カテゴリトップへ
水利資産と近代水利技術の融合 大分県 -駅館川農業水利事業-
九州エリア
戦後の国営事業







昭和の大事業「国営駅館川総合開発事業」



 国営駅館川総合開発事業は、国営駅館川農業水利事業と、国営農地開発事業の2つからなります。農業水利事業は、山間部に2つのダムを築造して水を確保し、その水を平野の6,000haに行き渡らせる。農地開発事業は、山間部に600haの農地を造成し、そこに必要な灌漑用水を確保するための事業として行われました。
 特に農業水利事業の特筆すべき点は、この地に古くから築き上げられてきた水利資産と、近代水利技術が融合していることです。
広瀬幹線水路

広瀬幹線水路

平田頭首工(改修された)
平田頭首工
(改修された)
 新しくつられた、恵良川上流の日出生(ひじゅう)ダムと、津房川上流の日指(ひさし)ダムによって、非灌漑期に大量に水を貯えられるようになりました。そして、その水は、南一郎平の広瀬井堰、大分最古の平田井堰からも取水されています。
 広瀬用水は、昭和7〜10年にすでに全線にわたって改修され、その後も災害により破損した部分の改修は行われてきましたが、全般的に水路の損失ロスが大きいため、この事業によって、全線に渡って改修工事が行われました。
 平田井堰(平田頭首工)に関しても、ソダ堰が逐次改修され、戦後昭和25年にすでに大改修が行なわれていましたが、更に本事業で取水施設、土砂吐の新設、躯体補強等の改修が行われました。また、近隣の辛島堰、江島井堰の両堰は、老朽化し維持管理費が多大であったので、この時、平田井堰に統合されています。
 また、山間部には、近代的な水利ネットワークが形成されました。(右図)
 日出生ダムから恵良川に放流された水は、西椎屋頭首工で取水され、山間を縫うようにして造られた幹線水路を通って、地域に配水されます。また、非かんがい期には、山ノロ1 号、2 号、寒水の新たに新設した各頭首工から取水された水が、幹線水路を通って、日指ダムにも貯溜されるという画期的な水利ネットワークです。この水利ネットワークにより、恵良川、津房川の両河川の水を一体的に管理することができるようになり、昔では考えも及ばなかった山間部にまでも、安定した水が行き渡るようになりました。
 その他にも、恵川中流では、それまで左岸平野の上流部を灌漑していた桂掛井堰とそこにかかる幹線水路の老朽化のため、桂掛井堰を廃止し、宇佐西部頭首工を新設しています。また、同時に、幹線水路に関しても新設及び改修が行われました。

 昭和39年に始まったこの事業は、総額170億円、16年の歳月を経て、昭和55年に完了を迎えました。ダム2つ、頭首工4つを新設し、それまであった堰や水路を一体的に整備。それにより、農地6,000haと新たに造られた600haの農地に対し、安定した水を配ることが出来るようになったのです。
 こうして、長年にわたって人々を悩ませ続けてきた、絶対的な水不足という問題から、ようやく開放されることとなり、大分県最大の穀倉地帯が形成されました。


大分県 ―駅館川農業水利事業