水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
地域の礎
カテゴリトップへ
東北エリア
戦後の国営事業






 

 

 

 


水と緑のおりなす郷づくり

1.地域の概況

 角田地域は、西側に蔵王連峰を臨み、阿武隈山地最北端の山並みに囲まれた盆地で、その中央東側を、那須火山三本槍岳東麓を源にした阿武隈川が北に向かって流れており、水と緑の織りなす豊かな田園地帯で、人々はその流れに禍福を託しつつ、古来営々として豊かな農地と町を造り上げてきました。
 事業の区域は、阿武隈川左岸側の東西9km、南北11kmの樹枝状の谷地と低平な農地で、水田を中心に畑、果樹園、桑園等が営まれています。

2.角田盆地の成り立ち

角田盆地の地質

 角田盆地は、約2千5百万年の新生代第三紀の始めに、 現在の阿武隈川付近を南北に走る断層ができて陥没し、 海水が浸入しました。まわりから土砂の堆積と沈下が進み 、北側にある高舘山を中心とする火山活動を機に上昇運動 に転じて約2千万年前に陸化したとされています。
 それ以降も、第四期に繰り返す氷期の海退と海進によ て溺谷の形成や、有機物を含む泥炭層の堆積などが繰り されると共に、阿武隈川の洪水によって複雑な流路の形成 と痕跡が見られ、それに沿った自然堤防と後背湿地の微地 形が造られました。

3.稲作の始まり

 約2,000年前、現在の市街地の南、大沼に接して延びる丘陵地の鱸沼遺跡で、弥生式土器と共に稲穂のついたままの状態で多数の炭化米が発見されており、遺跡の南側に広がる低湿地と北側に広がる大沼の湿地において、直播による水稲の耕作が行われていたとされます。
 この米は、東北の短い夏を利用して収穫する感温性の大きい品種であったものと考えられ、農耕技術を伴って北九州に伝わってのち、常陸から太平洋沿岸を経由して阿武隈川の流れを遡り、100年程をかけて伝播したものと思われます。
 古墳時代に入ると、樹枝状の丘陵縁辺に農地が開かれて耕作が行われ、生産力も向上して蓄積も進んだことは、前方後円墳などの大規模な墳墓が築かれていることからも推察できます。また、郡山遺跡のように安定した自然堤防上に集落と官衙とみられる町も形成されました。
 しかし、角田周辺の阿武隈川は、丸森地先で大屈曲した後に緩勾配区間に入るため、洪水により遊水域が形成され、流路が定まらず芦萱の茂る低湿な荒地で経過してきました。
 戦国時代末までは、武家支配の時代が長く続きますが、周辺豪族の勢力争いの場になることが多く、本格的な治水対策や開発に取り組める状況ではありませんでした。

4.中世から江戸時代の統治

 角田地域は、中世時代には相馬氏が支配し、戦国時代となり伊達氏が支配しましたが、両氏の領土が接近していたため軍事的に重要視されていました。このため、伊達政宗は南方の抑えのため、天正19年(1591)に重臣の一人である伊達成実を角田周辺の領主としますが、文禄4年(1595)に成実は政宗と不仲になり、西方に出奔しましたが、城明け渡しの際に家臣が反抗して30人の死者が出る騒動を起こしています。
 そのあとに石川昭光が領主となります。
 昭光公は、天文17年(1548)に伊達晴宗の4男として出羽長井荘に生れ、石川晴光の養子となりますが、豊臣秀吉の小田原攻めに参陣しなかったため、天正18年(1590)に領地を没収されました。
 その後、慶長3年(1598)に伊達政宗から伊具角田に800貫文の知行を受け、嫡子義宗の200貫文と合わせて1,000貫文(およそ1万石)の領主として角田に移封され、伊達成実が築き空城となっていた臥牛城に入り、角田の経営に取りかかります。
 昭光公は、屋敷割り、町割りを行い、寺社を旧領石川(現在の福島県石川町)の地から移し、城塞を固めるとともに城下町を水害から守るために東南に土手を築きました。また家臣を領内の木沼・安久土・佐倉・一本木・島・内谷・梶内等に在郷させ、要害屋敷を造り周辺の開拓に当たらせています。これらの開拓により寛永19年(1642)に幕府の命により行われた領内検地では高1,4666貫500文の本地として認められています。

5.藩政時代の新田開発と利水

 江戸時代初期は、全国的に新田開発が進んだ時期であり、仙台藩でも願出により野谷地を与え、7年間を荒地とし、検地して起高を定め、のち9年の小役負担を免除しております。
 石川領では、この制により野谷地の拝領を行い、万治4年に領内百姓に上納1貫文につき3貫文までは鍬下年季4年で与える開墾の制をつくり、盛んに開発を進めて延宝6年(1678)までの100年間におよそ700町を新たに開田し、知行高2,138貫98と定められて幕末まで至ります。

表-1新規開田の経過

野谷地拝領

起  高

本  高

寛永16

200町

116貫

225文

正保4

1,582貫

725文

正保3

400

204

894

万治2

1,787

629

寛文元

 

43

831

寛文10

1,831

000

寛文6

40

12

196

寛文12

1,846

192

寛文11

386

294

902

延宝6

2,138

098

 この新田開発にあたっては、当然ながら用水の手当てが必要で、水害防除策とともに大規模な溜池や水路の築造が行われました。
 三代宗敬公の寛文6年(1666)と8年(1668)に、城下に火災があり、これを機に町の割直しとともに町中に水溝を掘通し、排水と防火、さらに用水を田地へ導くようにしました。水溝は角田居館周りの濠に連絡し、濠には大沼・赤沼・舟沼に蓄えられた水を引き入れました。
 これらの沼は、野谷地開拓にあたって灌漑水が乏しいため、寛文4年(1664)7月に角田南西の低地を選んで工を起こし、東西480間・南北430間の堤防を築き、小田川の水を導いて3つの溜池としたものです。また、北西の低地を囲って無笹木沼を造成し、角田の西に続く丘陵に潜穴を抜いて角田以北の用水を通しました。
 なお、灌漑用水については、当初より阿武隈川からの引水が目論みましたが、水害が甚だしくその費用に多大な費用を要したため果たすことができず、その後も再三論議に上りながら工事着手控えの風潮から仙台藩の許すところとならず、幕末に至っても黒船渡来の騒動から実現に至りませんでした。

6.藩政時代の治水

 地元の史誌は「昭光、防水の策を立て、子孫工を終りて初めて水害を除き、荊茨(けいじ)を開拓して耕地を拡張し、溜水池を築いて灌漑に供し、新たに部落を設けて耕作に便し、寺社を建て・・・・・」と石川家初代昭光公の事績を讃えており、角田の開発は、用水の確保もさることながら、阿武隈川の水害を防ぐことが先決でした。
 第三代宗敬公の時代には、寛永14年6月(1637)の大洪水で城下町の南より東町に至る堤防が破れ、水は城門に達し領内の死者26人のほか多くの被害を出しています。  早速修築にかかりましたが、同16年に人手不足のため伊達本藩に請い人夫を借り入れるとともに、藩の許可を得て幕府から18,000両の給金を受けて、同17年に本郷橋場より佐倉千寿堂脇まで1,470間(約2.6km)、18年には佐倉宮沢海道より江尻堀通まで1,322間(約2.4km)の水除土手上置普請を完成すると共に、阿武隈川からの逆流を防ぐ閘門を江尻に新設しております。
 さらに寛文4年(1664)に新川開削の許可を請け、賀川と称する筋を分流して流勢を東に寄せようと小斎村より枝野村を経て角田六本杉下に通じる掘割りを行っています。しかし、延宝8年(1680)の洪水は、賀川を埋没して乱入して堤防の所々を破られ、堤防の修築は行われましたが、藩の節約布令の折、賀川の堀竣は認められずに経過しました。
 享保8年(1680)の大雨では、本郷で破損12ヶ所、町の浸水は3尺に及び7代目村満公は、16歳から60歳までの男子に自身働きを命じて、自らも鍬をとって励ましながら堤防改築にあたったと伝えられています。
 さらに、安政年間には、治水のために斗蔵山などに大規模な造林計画がなされると共に、水害地では背丈の高い桑が作られて、増水時も屋根裏でしのげる養蚕が盛んになりました。
 その後、文政7年(1824)、天保2年(1831)にも大洪水があり、阿武隈川の河水は角田に衝流して東に向かい、北に流れて佐倉に衝くなど屈曲しました。
 その後も、洪水、修繕を繰り返し、石川氏の治世270年間に大洪水は52回を数えましたが、歴代藩主は領民から水害から守り、洪水のたびに河流が変わって肥沃な農地を流失するのを防ぐために尽力してきております。

7.明治維新以後の水害と治水

(1)明治初期における治水
 新政府は、明治元年早々に治河使を置き河川を重視していましたが、阿武隈川では江戸期以来、小鵜飼船による舟運が盛んで藩域を越えて水路維持が図られていたことから、政府の方針は、舟運の整備を優先し、低水工事を直轄で行ない、高水工事は地方に任せていました。
 明治8年(1875)から重要河川に直轄工事が行われることになり、阿武隈川は明治16年(1883)に内務省の直轄河川に指定されました。

(2)明治年間の水害と江尻閘門の改築
 角田においては、明治年間で大小20数回の水害を被っていますが、明治3年(1870)9月には未曽有の洪水が襲い、伊具郡内の死者は23人とも46人とも言われ、稲作の被害も甚大でした。
 明治23年(1890)の洪水では、堤防の決壊と江尻閘門の大破により角田全町が浸水し、川蒸気船が江尻付近から洪水に押し戻されて角田町に打上げられたとも言われています。
 この水害復旧に当たり、宮城県は江尻閘門を石造に改築することを決め、翌24年(1891) 3月に着工し、6月に完成しました。

明治24年石造り江尻閘門
 閘門は当時、高さ21尺、長さ54尺、上幅36尺 の規模で、これに幅12尺、高さ15尺の門扉3門 が設置され、外水圧により自然閉鎖する構造でし た。

(3)河川法の制定
 明治中期になると、全国的に高水工事の規模・費 用が大きくなり、府県の財政を圧迫するようにな ると共に、鉄道の発達により舟運の地位が低下し ました。
 このため、治水工事の要望、特に高水工事を直轄 施工せよとの声が強くなり、法制もしだいに整備されました。
 明治24年には水利組合法に基づき、内川及び江尻閘門、尾袋川悪水の普通水利組合が設立され、明治29年には河川法が制定されました。

(4)明治後期から大正年間の治水
 明治39年(1906)の洪水では、江尻閘門が阿武隈川からの外圧により壊れ、閘門上を走る角田馬車鉄道が県道溢水のため不通となりました。43年(1910)の洪水はさらに激しく、堤防は決壊し江尻閘門も大きな被害を受けました。さらに大正2年(1913)8月には日雨量266mmに達する大水害に見舞われ、堤防と江尻閘門が壊れ角田北部一体は一面泥海となりました。このため、江尻閘門を3尺高くして門扉を新調すると共に、上流水路の拡張と自然排水トンネル(太郎潜穴)の機能回復工事を行い、大正5年(1916)に完成していますが、その後、大正8年(1919)に江尻閘門が破損し、大正10年にも大修復しています。
 このように、連年の被害に住民が苦しみ、生活難から新天地を求めて北海道へ移住を企てる人が続出したと言われています。
 しかも、当時の財政事情から治水事業の急激な拡大は望めず、明治43年の台風災害を機に政府が策定した第一次治水計画では、全国65河川のうち、阿武隈川は第一期20河川には含まれず、施工後逐次着工扱いとなる第二期河川にランクされています。
 地元では、明治43年(1910)8月洪水の翌月に、仙南五郎治水同盟会を結成し、堤防の改修について大会決議を行い、県当局に迫り国会にも決議書を提出しました。また、大正5年(1916)には阿武隈川改修期成同盟会を結成して河川改修運動を展開してきましたが、その実現は甚だ遠いものでした。
 大正10年(1921)の第2次治水計画で格上げされたものの、阿武隈川下流改修事業が開始されるのは昭和11年(1936)のこととなります。

8.明治維新以後の上水

 隈西(阿武隈川以西)の用水を引水することは藩政時代からの懸案でした。明治に入ってからも、町の有志が引水工事を策し、明治12年(1879)頃には県内務部の小泉技師により山田線上水工事が計画されましたが、時期尚早で実を結びませんでした。同31年(1898)には郡長から県内務部の大窪技師に委託して上山田から引水する計画が作成されましたが、水路延長3,000余間、工事費が8万円余となり、当時の米価で隈西全水田の10年余りの生産額に相当し、財源の目途がたたぬまにまま、これも実現に至りませんでした。
 しかし、大窪技師は再度37年(1904)に取水地点を下流の館山姥石(現在の丸森町坪石)に移し、約2,600間の用水路を導水して角田町、桜村、北郷村の約千町歩に灌漑する「伊具郡角田町外3ヶ村灌漑用水阿武隈川姥石上水工事計画説明書」を工事費3万円として作成しました。

高山上水翁像
 一方、文久3年(1863)に角田の商家に生れ、当時県会副議長であった高山善右衛門は、明治37年(1904)4月に同志を糾合し、上水期成同盟会を結成して積極的に運動を展開しました。
 当時の角田の町は地下水に恵まれず、8基の井戸に数百戸が 頼る状態で、良質の水が町中を流れることが町民の等しく渇 望するところでもありました。この計画は町当局、町会、水 利組合も賛同するところとなり、町を挙げて事業化に取り組 むこととなりました。
 しかしながら、日露戦争の勃発に伴い工事費の調達は困難を きわめ、交渉に1年余を費やしています。ようやく工事費4万 8千4百円を勧業銀行から借入れ(年利8分2年据置き15年 年賦償還)、町営により明治39年4月(1906)に着工し、翌年4月に取 水・導水・灌漑用水幹支線・市街水利(町負担)・沼干拓の全工 事を完了しています。
 町はこの事業に尽力した高山善右衛門に「上水翁」の号を贈っ て功に報いています。

9.昭和期の土地改良事業

(1)県営第一期事業
 我国では明治末になって排水ポンプが登場しており、低地の湛水に悩まされていた隈西では明治40年(1907)に機械排水と沼沢低地の開拓の調査が行われましたが、地域住民の賛同が得られず具体化されませんでした。
 しかし、隈西2,700haの興廃にかかわるだけにその後も執拗に企てられ、大正末に、用排水幹線改良に対する国の補助制度が創設されるのを契機に陳情を繰り返し、昭和元(1926)年12月宮城県議会で「内川尾袋川沿岸排水土地改良事業」の事業実施を議決、翌2年(1927)4月農林省から補助事業の認可を受けました。
 補助事業は、受益面積2,347ha、事業費86万円、事業期間5ヶ年による宮城県の事業であり、国庫補助50%、県費10%、組合員負担が40%でした。
 排水計画は、降雨状態及び阿武隈川の水位等を考慮し、大正8年(1919)10月の2日間降雨量244.8mmを4日間で排除する計画で、江尻地点に排水機場を新設すると共に、当時、小桜地先において尾袋川に合流していた内川(雑魚橋川)を江尻まで分離し、それぞれの排水機により別々に排出するというもので2期に分けて実施されました。
 第一期工事は、洪水常襲の内川流域を対象として昭和3年1月(1928)に開始され、電動排水の第 一機関場を翌4年3月に完成しました。

東洋一と称された江尻第1、2排水機関場
 ところが、5月23日の出水に初めて運転した ところ、24日午前1時頃送電線に落雷があって 停電し、約2,000haの水田が冠水するという事 態となり、電動機は信頼を失い、以降デイーゼル 排水に転換することになります。
 第二期工事は、尾袋川改修と第2機関場の新設 であり、内川と尾袋川の分離は昭和6年に完成し、 デイーゼル排水の第2機関場は翌7年3月に試運 転を行い、さらに翌8年江尻第1〜3排水暗渠を 建設して全工事を終っています。この「内川尾袋 川沿岸排水土地改良事業」はのちに県営第一期事 業と呼ばれ、当時この排水機関場(口径1,000級) は「東洋一」と称される規模でありました。

(2)県営第二期事業
 戦中戦後を経て、阿武隈川の河床は年々高くなる傾向を示すと共に、内川の開墾地域で泥炭層の沈下により湿田が徐々に拡大していました。この時期は150mm程度の日雨量が頻発し、過去10ヶ年間に85%の水田が湛水被害を受ける状況となり、平成28年に県営第二期事業「県営角田町外3ヶ村排水改良事業」が開始されました。
 この事業は、受益面積2,748haで山地排水が主である高倉川を尾袋川から分離して江尻排水機場の負荷を軽減し、遊水地的性格を持つ内川流域の湛水被害の解消を図ること、通水断面が不足している尾袋川及び内川を改修して既設江尻排水機場の能力向上を図ること、江尻第3排水機場を新設して尾袋川の排水を直接阿武隈川に排出し、通水能力の強化を図ること、さらに内川の最底位部に岡排水機場を新設して2段排水により低位部の湛水被害の解消と用水にも対応することとしました。
 岡排水機場は昭和34年(1959)に完成、併せて内川、尾袋川全線の浚渫を行い、江尻第3機場は昭和42年に設置されました。高倉川は昭和38年(1963)に尾袋川から分離しましたが、その改修工事は昭和45年(1970)に高倉川中小河川改修事業に移管され、県営第二期事業は昭和46年(1971)に完工しました。
 これらの県営第一期及び二期事業によるポンプ排水によって湛水被害が解消され、乾田化が促進されたことにより、生産量が増加し、農家の経営及び生活環境が大きく改善されました。

10.事業の概要

 本事業の地域は、宮城県の南部にあって阿武隈山地に囲まれた盆地の中央を阿武隈川が南から北に向かって流れており、その阿武隈川左岸の角田市と丸森町の小田川地域にわたる東西9km、南北11km、で低平な農地3,460haの開かれた農業地帯であります。
 流域面積は85km2で、雨水は小田川、高倉川、雑魚橋川、尾袋川の4河川により排水されます。そのうち、小田川は地区南部を東へ流下して直接阿武隈川に流出し、高倉川・雑魚橋川の2河川の流水は、江尻地先で尾袋川に合流後阿武隈川に流出していますが、洪水時には阿武隈川の水位上昇により自然排水が不能となります。
 このため、先人たちは、江戸時代初期に逆水門を設置し、昭和初期にはポンプ排水を先進的に取り入れ、長年にわたって治水・排水対策により次第に安全で豊かな土地に整えられてきました。
 しかしながら、年月の経過によって老朽化し、社会の変化にも対応する万全の整備が求められてきました。このため、昭和55年(1980)度に直轄調査に入り、昭和58年(1983)度に全体実施設計が行われ、昭和59年(1984)度に工事に着手して以来、昭和60年(1985)、雑魚橋川排水路、昭和61年(1986)に尾袋川排水路に工事を着手しつつ、基幹施設である江尻排水機場の国道349号の切替え、機場に係る細部設計・協議、用地補償交渉等を重ね、昭和61年(1986)に国道349号線の付替改築工事を実施し、翌62年に4ヶ年国庫債務負担行為工事として江尻排水機場建設工事に着手し、昭和63年にポンプ・制水門の制作据付工事、平成4年(1992)に岡排水機場に着手しました。
 工事は順調に進み、平成4年(1992)には江尻排水機場、5年(1993)には岡排水機場、平成7年に尾袋川排水路、雑魚橋排水路が順次完成し、11年有余の歳月をかけ平成7年(1995)度に事業は完成しました。その効果は農業のみならず地域経済活動への寄与が期待されています。

江尻排水機場(断面図)
    (1)地積
        角田市A=3,420ha、丸森町A=11ha、計3,530ha
    (2)受益面積

    区分

    水田

    普通畑

    樹園地

    摘要

    排水改良

    2,490

    870

    100

    3,460

     

    区画整理

    (1,800)

    (140)

    (10)

    (1,950)

    関連事業

    暗渠排水

    (1,240)

    -

    -

    -

    2,490

    870

    100

    3,460

     

    (3)総事業費
        14,792,882千円
    (4)主要工事計画
        @江尻排水機場

    名称

    内容

    摘要

    所在地

    角田市江尻字巻向

     

    河川名

    吸水河川:雑魚橋川、尾袋川、吐出河川:尾袋川

     

    支配面積

    61.8km2

     

    ポンプ規模

    排水量

    洪水時:Qmax=62.0m3/s、常時=18.0m3/s

     

    実揚程

    雑魚橋川3.4m、尾袋川2.6m

     

    全揚程

    雑魚橋川4.0m、尾袋川3.1m

     

    形式

    立軸軸流ポンプ

     

    口径台数

    φ2,660mm×4台

     

    制水門

    鋼製シエル構造ローラーゲート4門(径間20m×3門、径間14m×1門)

     

    原動機

    エンジン(1,000PC×2台、1,300PC×2台)

     

    建物規模

    鉄筋コンクリート978m2、PHC及び鋼管杭基礎

     

        A岡排水機場

    名称

    内容

    摘要

    所在地

    角田市岡字雑魚橋堀77

     

    河川名

    吸水河川:内川、稲置掘、吐出河川:雑魚橋川

     

    支配面積

    15km2、720ha

     

    ポンプ規模

    排水量

    洪水時:Qmax=6.0m3/s、

     

    実揚程

    1.45m

     

    全揚程

    2.00m

     

    形式

    横軸軸流ポンプ

     

    口径台数

    φ1,200mm×2台

     

    原動機

    電動機90kw×2台

     

    建物規模

    鉄筋コンクリート248m2、PHC杭基礎

     

        B排水路
    (イ)尾袋川排水路L=5,356m、Q=44.2〜28.8m3/s(積ブロック、連接ブロック)
    (ロ)雑魚橋排水路l=2,836m、Q=35.0〜21.1m3/s(積ブロック、連接ブロック)
        C排水管理施設 
          江尻排水機場からの遠方監視制御装置 1式