水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
地域の礎
カテゴリトップへ
三河の恵み―矢作川の流れ -矢作川農業水利事業・矢作川第二農業水利事業・矢作川総合農業水利事業-
東海エリア
戦後の国営事業






西三河に広がる古代遺跡



西三河における古墳の分布
西三河における古墳の分布
なかでも安城市古井町の塚越古墳の周囲には、この地方最大規模を持つ遺跡が発見されていることから、大勢力を誇る豪族が葬られたことが推測できます。
 三河地方に人々が住み始めたのは、約2万年ほど前のこと、縄文時代よりも前の旧石器時代にあたります。狩猟と採集を糧とした人々は、豊かな自然に恵まれた矢作川流域の丘陵上で生活を営んでいました。そのころの人類の足跡を示す遺跡や貝塚(縄文人のごみ捨て場跡)が、矢作川流域の各地には残されています。
 紀元前3世紀ころ、朝鮮半島から稲作文化を持つ民が北九州へと渡って来ると、農耕による生活が広まっていきます。三河地方へ稲作が入ってきたのは、尾張地方より大きく遅れて弥生時代の中ごろのこととみられています。稲作農業は、ひとたび導入されると、またたく間に矢作川沿岸一帯へと広がっていきました。矢作川が運ぶ肥沃な土壌でできた沖積平野は、水田の好適地であり、矢作川中下流域の低湿地からは、大規模な遺跡が発見されています。
 
 人々が一定の土地で農耕を営むようになると、米の貯蔵によって、貧富の差が生まれるようになります。富を蓄積させ、強い勢力を得た者は、鉄製の農具を導入し、さらにその富を拡大していきました。こうして生まれた支配階級の豪族たちは、4世紀から6世紀にかけて、その勢力の象徴として大規模な墳墓である古墳を築いていきました。西三河地方でも、豊田市上郷町・岡崎市矢作町・安城市東部・安城市桜井町などの矢作川沿岸から古墳群が見付かっています。
 ちょうどこのころ、畿内には大和政権が成立し、その勢力は地方を征服し、次第に国家が作られていきます。西三河を支配した豪族たちも、この大和政権の権力とのつながりを背景に、周辺農村の支配を行っていたようです。
 


愛知県 ―矢作川農業水利事業・矢作川第二農業水利事業・矢作川総合農業水利事業