水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
地域の礎
カテゴリトップへ
開拓精神が生んだ農行王国 ―豊川用水事業
東海エリア
戦後の国営事業






渥美農村の苦悩



 東三河地域の中でも、渥美半島の農村は、深刻な干害に悩まされ続けました。以下は、明治以降の主な干害について、『愛知県災害史』からその一部を抜粋したものです。

年次 期間 干害の状況
 明治26 6〜8月 6月は112ミリ、7月は0ミリの雨量は、名古屋で観測がはじまって以来の最小記録である。…農作物に被害があり、一部には飲料水まで欠乏した。
 明治27 7月 渥美郡・宝飯郡・知多郡で干ばつとなり、田植え不能となる。
 大正12 8月 渥美半島や豊橋地方では7月17日以来降雨がなく、田にひび割れを生じた
 昭和2 7月 三河地方ではほとんど降雨がなく…7月4日現在の植付不能田は2,200haにのぼった。
 昭和4 8月 東三河地方で干ばつとなり、とくに渥美郡がひどく被害水田1,200〜1,300haにおよんだ。また畑作にも被害があった。

 もともと水量の少ない豊川には、本流から遠い渥美半島を潤すだけの余裕がありませんでした。そのため、この地域では、水源をため池や地下水・天水に頼らざるを得なかったのです。農村の中には、干天に見舞われると全く手の打ちようがなく、雨乞いをして神仏に頼るだけが唯一の方法というところも少なくなかったといいます。村民総出で村はずれの山に登り、七日七夜の願掛けをした村。村をあげて伊勢の多度大社や遠州の秋葉神社など遠方まで出向いて祈祷した村。村の総代が紋付・袴の正装で山に登り、降雨を祈った村・・・。稲を植え付けるため、育てるため、実らせるため、これらの雨乞いが、いかに悲痛な想いでおこなわれていたか想像に難くありません。
 さらに、この地域は強い酸性の土壌。麦を作ろうと一斗五升(約27リットル)の種を蒔いても三升(5.4リットル)ほどしか実らず、さつま芋も落花生ぐらいの大きさにしか育たなかったといいます。
 「赤貧洗うがごとし」。渥美半島の農村はまさにこの言葉を体現するものでした。
 そんな中、「鳳来寺山に巨大なため池を造り、渥美半島の先まで水路を引くことができれば、農村の水不足を解消することができる」というとんでもない構想を提案した人物があらわれました。近藤寿市郎。当時の愛知県会議員です。

当時の渥美半島・天伯地区




愛知県 ―豊川用水事業