水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
水土の成り立ち
創造された日本の水土
ひく
ほる
ためる
わける
ほす
もどす
むすぶ
まもる
01:ひく もっとも基本的な取水方法。多くの場合、河川を堰きとめて水路に水を引き込みます。
安積疏水 見沼代用水 愛知用水
安積疏水 見沼代用水 愛知用水

安積疏水 原野に農地と都市を創りだした水路
見沼代用水の用排水システム
  資料:小出博『日本の国土』より

日本最大の広さを誇る関東平野では、300年をかけて壮大な水路ネットワークが形成されてきました。1728年、大きな沼を干拓し、代わりに大河川・利根川から水をひき、幹線水路だけで96kmという大用水路の建設が行われました。これにより、12,600haの水田への用水が実現されました。この用水で特徴的なのは、「葛西用水」、利根川、荒川をはじめとする数多くの河川との縦横無尽なネットワークが、関東平野を覆うように形成されたことです。そしてここには、各水田のネットワークも存在しました。つまり、たとえば、見沼代用水から取水した水田が、次の水田をうるおし、その次の水田へ受け渡された水がまた集められて、葛西用水の水源になる、といったものです。