水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
水土の成り立ち
創造された日本の水土
ひく
ほる
ためる
わける
ほす
もどす
むすぶ
まもる
01:ひく もっとも基本的な取水方法。多くの場合、河川を堰きとめて水路に水を引き込みます。
安積疏水 見沼代用水 愛知用水
安積疏水 見沼代用水 愛知用水

木曽川水系と愛知用水 安積疏水 原野に農地と都市を創りだした水路


愛知用水は、戦後の超大型プロジェクトとして、1957年に着工されました。幹線水路112km、農業用の支線水路が総延長1,012kmという長大なものでしたが、わずか5年という短期間で完成。初めてアメリカの大型土木機械や先進的工法を導入したことにより、その後の日本の大規模な土木工事などに大きな影響を与えました。
これにより、岐阜・愛知をまたがる27市町において、農業用のみならず、鉄鋼業をはじめとする工業用水を供給し、また、丘陵地の水道用水としての役割も果たしました。特に、知多半島の集落では、海水や雨水を飲料水として利用しなければならないほど、水不足に悩んでいましたが、愛知用水の完成後、見事な田園地帯へと激的な変化をしていくこととなります。