水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
水土の成り立ち
創造された日本の水土
ひく
ほる
ためる
わける
ほす
もどす
むすぶ
まもる
01:ひく もっとも基本的な取水方法。多くの場合、河川を堰きとめて水路に水を引き込みます。
辰巳用水 紙谷用水 箱根用水
満濃池 廻堰大溜池 大和平野の
ため池群
満濃池
   満濃池と讃岐平野(提供:水土里ネット香川)

香川県讃岐平野に、日本最大の農業用ため池である「満濃池」があります。長い歴史の中で、決壊と修築が繰り返されていますが、もっとも有名な工事は、約1,200年前に有名な仏教僧・弘法大師空海が行ったものです。近代のダムに多く採用されている、アーチ構造の堤をつくりました。
香川県は、雨が少なく、川にも恵まれていません。この大きなため池は、子池、孫池、ひ孫池とつながって、広い平野を潤しています。