水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
水土の成り立ち
創造された日本の水土
ひく
ほる
ためる
わける
ほす
もどす
むすぶ
まもる

水土の成り立ち サイトマップ

トップページ
01:ひく
 
安積疏水 [原野に農地と都市を創りだした水路]
 
見沼代用水 [大平野の一大ネットワーク]
 
愛知用水 [貧水地帯の劇的変貌]
02:ほる
 

辰巳用水 [400年にわたって都市に水を送り続ける

 
紙谷用水 [激しい迫害の中で掘り進めた山中のトンネル]
 
箱根用水 [分水嶺を超える水]
03:ためる
 
満濃池 [1,200年前の巨大ダム]
 
廻堰大溜池 [平野に4.2kmの長大な土手]
 
大和平野のため池群 [独立性の高い多数のミニ池]
04:わける
 
吉野川総合開発 [分水嶺を超え、4県で分け合う]
 
十津川紀ノ川総合開発(吉野川分水) [300年の悲願]
 
十津川紀ノ川総合開発概要図
8 05:ほす
 
新潟平野 [日本一過酷な農業から、日本一の穀倉地帯へ]
 
児島湾干拓 [平野のほとんどが干拓地]
06:もどす
 
佐賀平野 [入り乱れるクリーク]
 
琵琶湖 [逆水かんがい]
07:むすぶ
 
拾ヶ堰 [横堰ネットワーク]
 
安曇野の横堰
 
香川用水 [魚の背骨]
08:まもる
 
全国の幹線水路図