水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
佐賀県:筑後川水系・城原川
トップへ戻る
佐賀県:筑後川水系・城原川

塩原川の川岸
城原川(じょうばるがわ)は佐賀県と福岡県にまたがる背振山地を源と発し、神崎町・千代田町を貫流して、佐賀市蓮池町で筑後川水系の佐賀江川に注ぐ、30.7kmの川である。
城原川が平野部と出合う神崎町仁比山付近では扇状地が発達し、川底に背振山地を形成する花崗岩の風化した砂礫が堆積し天井川となって、古より河川の氾濫が多い地域であった。川は氾濫するたびに土砂を押し流し、平野を南へ南へと広げ、つまり、海を南へ押しやってきた。・・・[→続きを読む

城原川
佐賀平野の農業用水
佐賀平野の水不足地帯
三千石堰と横落水路
横落水路と市ノ江水道
筑後川下流用水事業
三千石堰の下流の堰