水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
大分県:大野川水系
トップへ戻る
大分県:大野川水系

大分・宮崎・熊本の3県にまたがる祖母山(1,756.7m)を源に阿蘇外輪山などの流れを糾合して、大分県の中央部を北流し、別府湾に注ぎ込む大野川という川がある。延長76.375m。流域は阿蘇溶結凝灰岩の丘陵や台地上を穿って流れ、滝や渓谷が多い。  
  火山性丘陵や台地からなる上流部には富士緒井路、明正井路、若宮井路、城原井路、明治岡本井路、荻柏原井路、九郎太郎井路など数多くの農業用水路=井路が網の目のように張り巡らされ、石造溜池である白水ダムや石造水路橋などのさまざまな水利の技術に出会うことができる。

富士緒井路の白水ダム
大分県竹田市次倉
音無井路の円形分水
大分県竹田市百木
明正井路6連水路橋
大分県竹田市門田
宮野井路の石造水路
大分県竹田市三迫
若宮井路鏡水路橋
大分県竹田市鏡
若宮井路笹無田水路橋
大分県竹田市狭田