水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
大分県・大野川水系
九州エリア
富士緒井路の白水ダム
大分県竹田市次倉
音無井路の円形分水
大分県竹田市百木
明正井路6連水路橋
大分県竹田市門田
宮野井路の石造水路
大分県竹田市三迫
若宮井路鏡水路橋
大分県竹田市鏡
若宮井路笹無田水路橋
大分県竹田市狭田
 

音無井路の円形分水

 元禄6年、宮砥・姥岳・入田への水路開削を試みたのが音無井路のはじまりである。しかし、起伏が激しいうえに岩盤が固く、開削がなかなか進まなかった。九重野まで通水できたのは明治25年であった。
 ところが、大正13年、音無井路の取水口より上流に荻井路と柏原井路の取水口が設置されたため、音無井路は水不足になり、水争いが頻繁におきた。そこで三本の井路の受益地の耕地面積に応じて公平に水を分配することを目的に、昭和9年に円形分水施設が造られた。
 昭和15年の大谷ダム完成によって水不足は解消されたが、その後も改修され続け、昭和42年にようやく安定した水の供給を得た。
HOME