水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
大分県・大野川水系
九州エリア
富士緒井路の白水ダム
大分県竹田市次倉
音無井路の円形分水
大分県竹田市百木
明正井路6連水路橋
大分県竹田市門田
宮野井路の石造水路
大分県竹田市三迫
若宮井路鏡水路橋
大分県竹田市鏡
若宮井路笹無田水路橋
大分県竹田市狭田
 

濁淵川と県道を跨ぐ若宮井路の鏡水路橋

 濁淵川と県道を跨ぐ若宮井路の鏡水路橋。石造2連のアーチ橋で、川と道に合わせて造られたために左右のアーチの大きさが異なっている。
 若宮井路は明治34年に通水。稲葉川から取水し、延長20km、支渠と分渠からなり、朝地町の凡そ134haの田畑を潤している。
HOME