水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
大分県・大野川水系
九州エリア
富士緒井路の白水ダム
大分県竹田市次倉
音無井路の円形分水
大分県竹田市百木
明正井路6連水路橋
大分県竹田市門田
宮野井路の石造水路
大分県竹田市三迫
若宮井路鏡水路橋
大分県竹田市鏡
若宮井路笹無田水路橋
大分県竹田市狭田
 

JR高森竹田線と水路橋
笹無田川の傍らに祀られた水神

 稲葉川から取水し朝地町へ通水する若宮井路(明治34年通水)の石造水路橋のひとつ。笹無田川と市道を跨ぐこの水路は、当初、鉄管によるサイフォン方式だったが、明治36年に腐食して決壊したため、仮設の木造水路橋が架けられ、大正4年に石造水路に替わり、翌5年に壊れて6年に再建された。
 この水路橋は長さ59m、幅4m。水路橋の他に石橋や鉄道の鉄橋やコンクリートの橋が所狭しとこの場所に集中しているが、水路橋は一際大きく、威風堂々とした姿を誇っている。
HOME