水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
地域の礎
カテゴリトップへ
江戸から続く用水と、霞ヶ浦をめぐる水利の競合 茨木県 ―霞ヶ浦用水事業
関東エリア
戦後の国営事業










認められない水源を求めて



 昭和に入っても、小貝川水系では、江戸時代初期に開発された既得用水が主権を握り、新規用水の取水は不可能なままでした。また利根川からの利水も、渇水時の排水樋門からの取り入れ程度にとどまり、用水としての本格的な取水は見込めません。その上、戦後の食糧増産対策に伴う開拓で、霞ヶ浦にしか水源が求められない地区が先行して霞ヶ浦用水を確保します。高度成長による首都圏の水需要が急増したこともあり、豊富な水を湛えていた霞ヶ浦も、その取水の余地は無い状態となっていました。このように、地域を取り巻く利水の水源環境は厳しくなるばかりです。

 しかし、 昭和17年(1942)の大干ばつを契機に“水不足の著しい県西地方に、満々とたたえる霞ヶ浦の水を”という思いから地元が立ち上がり、鬼怒・小貝・桜川の広域利水構想を企画します。
ところが戦争の激化とともにこの構想は立ち消えとなり、続く昭和22年(1949)に立案された鬼怒川逆木付近へのダム建設計画も経済的な理由から具体化しませんでした。そして、何の対策もないまま昭和33年(1958)、この地方を記録的な大干ばつが襲います。小河川の水が枯渇し、ため池も干上がり、被害水田は約20,000haに及びました。その後、昭和35年,36年にも連続して干ばつとなり、これによってようやく農業用水確保の重要性と緊急性が認識され、広域水利開発事業の具体化を望む声が高まっていきました。

 そして昭和37年(1962)、県西地域全体の用水問題を根本的に解決するための技術的な検討を開始。翌年には、霞ヶ浦を水源とする「県西用水事業計画」を公表するとともに事業化を前提とする予備調査に着手しました。地元の悲願はついに行政を動かしたかのように見えました。

昭和に入り、35年頃までには利根川の各流域で土地改良事業の整備が進められました。昭和初期における利根川流域の水田条件の改善ポイントは、干害と水害からの脱却にあったといえます。
  • 利根川中下流平坦地水田地帯における、基幹用排水施設の整備と、
    湛水防除のための末端用排分離
  • 利根川中下流沿岸低湿地の開発と霞ヶ浦周辺の干拓による農地の追求
  • 利根川上流支川流域の常習干ばつ水田地帯における、水源施設の整備
  • 利根川上流山麓地帯および霞ヶ浦周辺台地における、畑地かんがい施設の整備
  • 利根川本川沿岸耕地における、内水排除施設の整備
こうして長期にわたって利根川治水と土地改良が進められてきたとはいえ、この地域の水田は全国的にはとても低いレベルであったと言わざるをえません。このため、昭和40年代まで、土地改良事業の視点は水田の改良に向けられ、台地上の畑の利水開発はその後に持ち越されることになります。


茨木県 ―霞ヶ浦用水事業