水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
地域の礎
カテゴリトップへ
水利慣行と近代化の相克 栃木県 ―鬼怒中央農業水利事業
関東エリア
戦後の国営事業










江戸に始まる開発



鬼怒川沿岸に開削されていく諸用水
鬼怒川沿岸に開削されていく諸用水
  鬼怒川の開発が進むのは、徳川家康が江戸に幕府を開いて以降のことです。長い戦乱の時代に区切りがつき、関東の地が安定を見せ始めたこの時代、戦国時代に土木技術が発展したこともあり、各地で大河川の治水・利水事業が本格化しました。鬼怒川沿岸の場合、家康が没した後、その祖廟が日光山に建立され、登山口にあたる宇都宮藩が重視されたことも影響しました。日光東照宮の造営や宇都宮城内外の整備、領内の検地とともに、鬼怒川から水を引く用水路の開削が行われ始めます。
 宇都宮藩によって、西鬼怒川筋に初めての本格的な用水路、逆木用水が開削されたのを始めとし、上流左岸には市の堀用水、草川用水、釜ヶ淵用水、右岸には根川用水、下流には勝瓜用水など、多くの用水路が引かれていきます。こうして、用水路が増えるにつれ、鬼怒川では上流下流、右岸左岸の間に、堰の管理や取水量の調整などをめぐって、複雑な利害関係が形成されていきました。水争いが起こることも多く、それを避けるための様々な取り決めが作られていきます。時間を決めて、交代で取水を行う番水制が定められ、上流、下流での取水量も決められました。
 江戸期に開削されたこれらの水路は、幾度もの改修を繰り返しながら、昭和に至るまで、使い続けられますが、同時にこれらの水利慣行も順守されていくことになります。



栃木県 ―鬼怒中央農業水利事業