top1top2top3
aaa bbb ccc
top01

1.水を吸い込む扇状地
2.開拓事業と那須疏水
3.那須疏水の老朽化
4.第1期調査 <可知(地下ダム)構想>
5.ダム開発と近代化
6.結集する地元の力と悲劇の証明
7.国営那須野原開拓建設事業

icon 1.水を吸い込む扇状地



001
地形図
 栃木県の北東部に位置する那須野ヶ原は、那珂川(なかがわ)と箒川(ほうきがわ)に挟まれた約4万haにおよぶ広大な扇状地です。水稲と酪農を中心とする農業が盛んな地域で、北部には塩原・那須温泉といった観光地が隣接し、毎年780万人の観光客が訪れます。
 しかしその昔は、中央を走る奥州街道の北側は、人煙もまれな荒涼たる原野が広がるばかりの土地でした。というのも、砂礫層が厚く堆積したこの扇状地では、降った雨も、山地から流れ出た川の水もすぐに地下に浸透してしまい、水に恵まれなかったからです。比較的流量のある那珂川や箒川から水を引くには、地形的な理由によりかなり高度な土木技術が必要とされます。しかし稲作には理想とされる扇状地。水さえ引ければ稲の黄金郷となることが約束された土地でありながら、それは現実とはあまりにもかけ離れた夢物語にすぎませんでした。
 それが明治時代に入り、日本三大疏水のひとつである那須疏水が開削されると、那須野ヶ原の開拓は飛躍的に進むことになります。そして昭和42年度から平成6年度までの国営総合農地開発事業で用水不足が解消されたことにより、ようやく悲願が達成されたのです。しかし、事業着工にいたる長い道のりは、熱心な地元有志たちによる努力と各関係団体が一丸となった推進活動とともにあり、そして地元農家が受けた悲劇の犠牲をもともなうものでした。


icon 2.開拓事業と那須疏水


s
 那須野ヶ原の水利開発は江戸時代にさかのぼります。慶長年間(1595~1615)に、蛇尾川(せびがわ)を水源とする蟇沼用水(ひきぬまようすい)と、宝暦13年(1763)に木ノ俣川を水源とする旧木ノ俣用水が開削されていますが、潤した土地はほんの一部にすぎず、多くは不毛の地のままでした。
 そこで、明治初期、那須野ヶ原の開拓に尽力した初代栃木県令・鍋島幹は、用水の確保はもちろんのこと、さらなる那須野ヶ原発展に向けた壮大な計画『大運河構想』を打ち出します。それは那珂川と鬼怒川間を運河で結び、那須・会津・東京間の水運を確保するというものでした。しかし、時の観農局長・松方正義は「運河よりも、この地は欧米型の大農場経営が適している」として開墾事業を奨励。これにより県令の三島通庸ら肇耕社に1037ha、地元有志の印南丈作・矢板武ら那須開墾社には3000haの土地が払い下げられました。そして明治華族たちも、欧米貴族の大農場経営に憧れて次々とこの地に大農場を開設します(※1)。 しかし、地表を覆う火山灰は暑く、夏でさえも日照時間は少ない上に、冬には凍えるような“那須おろし”が吹き荒れるという厳しい条件。加えて、開拓者の生活そのものもままならないほど水が不足している状況に、三島・印南・矢板らは灌漑用の那須疏水工事を実現させるべく駆け回り、明治18年には国の直轄工事決定にこぎつけます。工事にはあの安積疏水を担当した南一郎と大分県の石工集団が着手し、5カ月という驚異的なスピードで16.3kmの幹線水路が完了すると、翌年には96kmに達する支線水路も完成。その間には鉄道の開通や、県道・国道の整備も行われ、那須野ヶ原の開発は順調に進んでいるかのようでした。
0102_p02
矢板武
0102_p01
印南丈作

※1・・・ 明治華族たちの大農場が次々と展開された那須野一体は、窮乏士族による他の大規模開墾事業とは異なる様相を呈しています。その背景は、那須疏水の夢でじっくりと語られています。

icon 3.那須疏水の老朽化



0103_p01
旧取水口
 大正時代には、開削からすでに数十年が経過していた那須疏水は、通常の水路維持や川筋の変動による取水口の移設など、再三の改修を余儀なくされていました。特に地形に勾配がある那須野ヶ原は河川・水路とも流速が大きく、洪水時には大量の土砂が流入して通水が阻害されるため、洪水のたびに復旧補修を必要とします。また、戦中戦後の資材・労力の不足は水利施設を一層老朽化させ、その都度行ってき護岸工事だけでは対応しきれず、施設の全面的な改修整備の必要性が強く感じられるようになっていたのです。

0103_p02
那須疏水災害時
 一方で、農家が意欲的に営農を展開していく中、那珂川とその支流木ノ俣川の取水量には限界がきていました。農家は水を求めて井戸を掘り、電力ポンプによる揚水が盛んに行われるようになり、地下水を利用した開田が拡大していきます。しかし、ポンプによって揚水するにも技術的・経済的な限界があります。表流水への期待はますます高まることとなり、これまで計画しては実現できなかった新たな水源の確保、つまりダムによる水源開発を中心とした那須野ヶ原総合開発の実現に向けて、地元農家、市町村、そして県一体となった運動が展開されていくことになります。

icon 4.第1期調査 <可知(地下ダム)構想>



001
可知構想の概要図
 昭和の初め、農村の窮乏は著しく、深刻な不況に見舞われていました。いまだ水の確保が困難な那須野ヶ原では、昭和になっても「蔵を建てるか、井戸を掘るか」といわれるほどだったのです。このような状況において、那須野ヶ原開発に水源確保が必須であると感じていた栃木県は、昭和4年(1929)、100町歩の開田に必要な調査を行い、その水源ダム計画の技術判定を京都大学教授・可知貫一博士に依頼します(第1期調査:S4~18)。それが那須野ヶ原全域の地下水強化の可能性を検討する調査にまで発展し、結果は「那須野ヶ原水利開発計画論」として発表されました。那須野ヶ原を踏査した可知博士は、河川の表流水をこれ以上利用することは困難であるが、那須野ヶ原の広大な砂礫層に包蔵される地下水を強化し利用することは可能であるとし、那須野ヶ原全体を巨大なダムとみたてて、その水を必要に応じて利用するという壮大な構想を打ち立てました。これが世に『可知構想』と呼ばれ、那須野ヶ原開発の基礎となったものです。

<可知構想概要>
1.那珂川に貯水量128万m3ほどの溜池を築造する。
2.この溜池の水を、溜池右岸(砂礫層)と導水路から地下に浸透させる。
3.浸透させた水は、扇央部では揚水機を設置して揚水利用を、扇端部の湧水地域では湧水利用をもって用水確保とする。
そうして可知博士は、この地域の水源開発について学術的見地からの可能性を明示し、関係者を啓発するとともに、人々の開発への意欲を鼓舞したのです。しかし時は太平洋戦争に突入する状況を迎え、事業化への論議は戦後まで中断されることになります。


icon 5.ダム開発と近代化



001
国営事業所
 戦後を迎えると、命題である緊急開拓と食料増産において、用水の確保はより切実な課題として再び浮かび上がります。そして昭和24年の土地改良法、25年の国土総合開発法の制定を機に、かねて懸案となっていた可知構想の実現を図るため、農林省と県が共同して調査に乗り出しました(第2期調査:S25~28)。那須野ヶ原一体の食糧増産に必要な農業用水の確保、水利施設の改修とともに、発電・工業用水をも取り入れて開発する総合事業の可能性を探ります。その結果は昭和28年に「那須野ヶ原(地下水強化)土地改良事業計画書」で発表されたものの、これも実現することはありませんでした。そこには、主軸となるダムサイトの地形に難点があったこと、地下水の強化を図っても揚水のための経費がかかること、上流部では恩恵が少ないとの反対があったことなど、複数の課題がありました。また、この頃になると不安定な地下水利用に対する地下ダム構想への農民の期待も薄まり、県は構想を地表水利用に切り替えて「那須疏水土地改良事業計画」を発表。この計画に含まれた水源ダムの新設・頭首工の改修・水力発電は、次なる展開の糸口となりました。
 その後も続く地元一体となった強い要請に応えて、国は再度直轄調査の実施を決めます(第3期調査:S35~40)。調査方針として、那須野ヶ原の開発計画は、一次利水となる地表水利用において水源開発を行い、併せて二次利水の地下水強化利用についても調査・検討すること。また下流の排水不良地区も同様に調査の上、排水改良を計画するというものでした。調査が終了した翌々年の昭和42年には「開拓パイロット事業基本計画」が確定され、新制度による国内初の事業計画として国営事業所が開設されたのです。


icon 6.結集する地元の力と悲劇の証明



001
着工新聞記事
 那須疏水土地改良区は、このような大規模かつ地域総合開発的な構想を具現化するには地元の力を結集する必要があるとして、昭和30年代に入るとまず、地元選出の国・県会議員、各自治体首長に顧問委嘱を行います。次いで、それまで各々に活動していた水利用・管理団体の連携を強化するため、8つの土地改良区によって構成された「那須野ヶ原水利開発協議会」を発足。この時期には、那須野ヶ原の総合開発を掲げて県会議員に出馬した渡辺美智雄議員が顧問として県政の場で活躍し、強力なリーダーとして衆議院議員に当選すると、事業はいよいよ実現への道を突き進みます。こうして第3期調査が終了した翌年の昭和41年には、予算案原案に採択されたのです。また地元の熱心な推進活動は国・県からも認められることとなり、事業費においても利子のかからない「一般会計事業制度」が採用され、さらに高い補助率が適用されています。水利開発協議会が発足してから約10年、地元土地改良区と市町村が一丸となって事業採択のために奮闘した努力がようやく実を結んだのです。
 しかし、事業採択の喜びに明けた矢先、その悲劇はおこりました。昭和41年6月にこの地区を襲った台風による増水で、木ノ俣用水の土砂が崩壊。木ノ俣隧道内の復旧工事で、照明のために持ち込まれたエンジン発電機の排気ガスによって25名が命を落とし、後遺症の恐れのある多数の重傷者を出す大事故となりました。水を求めることの厳しさを示すには余りにも大きすぎる犠牲です。このニュースは「水との闘いに悩む農民の悲劇」として全国に衝撃を与え、多くの救援が寄せられました。そしてこの事故は、総合開発へ向けての地元の結束をより強固なものにしたのです。協議会は国・県に対して早期着工へ向けての波状陳情を展開。事故の翌月には渡辺美智雄議員が国会本会議において緊急質問を行い、地域の実情を訴えて国営開拓パイロット事業の繰り上げ実施を要請しました。こうして国営那須野原開拓建設事業は、昭和42年12月、通例よりも繰り上げての着工を迎えたのです。


icon 7.国営那須野原開拓建設事業



 三十数年間にわたって積み重ねられてきた那須野ヶ原開発の構想・調査計画がいよいよ実現化する時を迎えました。構想の中核となる大規模な水源開発では、表面アスファルト遮水型ロックフィルダムというダム築造の新技術を導入することによりダムサイトの課題を打開。この新技術の導入実績としては、当時、我が国最大のものとなった深山ダムをはじめ、根室ダム、赤田調整池、戸田調整池と4つの水源施設が新設され、水田3,025haの用水補給、畑地883haのかんがい用水を確保しました。 また、那須野ヶ原は開拓するにも未墾地には数多くの既成田が介在していたため、本事業では開拓と同時に区画整理・既設水利施設の整備が必要とされ、開拓・かんがい排水・区画整理の三事業が一体となって展開されました。

●開拓事業では、未墾地から畑地281ha、輪換耕地127ha、合計408haの農地を造成。
●区画整理事業では、未墾地・既耕地を一体とした換地により553haの区画を整備。
●かんがい排水事業では、老朽化が進んで漏水が著しかった既設の新・旧木ノ俣用水、蟇沼用水、那須疏水の土水路をコンクリート舗装水路に改修。那須疏水は下段幹線用水路と改称し、新設の上段幹線用水路とあわせて2大幹線用水系統に再編。総延長330kmにおよぶ水路を整備するとともに頭首工を新設・移設改修。また、那須野ヶ原の豊富な地下水については、地下水位が上昇して安定する6月15日を境に、利用率を設定して有効活用することとしました。
 この28年間にも及ぶ事業実施の経過のなかで、昭和50年代には米の生産過剰による開田抑制政策が、昭和60年代には用水補給田が増加するなど、農業情勢は著しく変化しました。これに対応すべく当初の事業計画からは3回の変更が行われた結果、上記のような最終実施に至り、本事業は平成7年にようやく完了したのです。 水の一滴は血の一滴として貴重なものとされてきた那須野ヶ原の精神は現在にも引き継がれ、歴史ある水利施設と清水が今も守られています。そして、「きれいな水を次世代に継承」をスローガンに、水の大切さを通じた環境教育の支援や、健全な水循環システムの構築に努めています。

深山ダム
深山ダム
赤池調整池
赤池調整池
下段幹線用水路
下段幹線用水路


●国営那須野原開拓建設事業概要(昭和43年着工、平成7年完工)

(1)受益地
    大田原市、黒磯市、西那須野町、塩原町、湯津上村

(2)受益面積 4,329ha

(3)主要施設
    深山ダム(最大取水量:8.34m3/s)
    板室ダム(最大取水量:3.91m3/s)
    赤田調整池(最大取水量:1.23m3/s)
    戸田調整池(最大取水量:1.72m3/s)

    蟇沼用水
    旧木ノ俣用水
    新木ノ俣用水
    下段幹線水路
    上段幹線水路(那須疏水)

(4)関連事業
    電源開発株式会社沼原発電事業
    県営北那須水道用水供給事業
    県営板室発電事業



栃木県 ―国営那須野原開拓建設事業