水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
水土の成り立ち
創造された日本の水土
ひく
ほる
ためる
わける
ほす
もどす
むすぶ
まもる
05:ほす
新潟平野 児島湾干拓
新潟平野 児島湾干拓
 
新潟平野

この写真は、いまから50年ほど前の農作業の映像です。場所は、新潟県の亀田市。この地域では、昔、雪解け水に肩までつかり農作業をおこなっていました。
現在、日本最大の米どころとして有名な新潟平野。しかし、戦前まで農民は上の写真のような過酷な労働を強いられていました。
平野の半分の約5万haが、戦後の「かんがい排水事業」により生み出されたものです。
しかし、大地の形状が変わったわけではありません。右図に示す機械排水区域においては、約450m3/sという大量の水を排水し続けることによって、新潟平野を陸地として維持しているのです。
ビデオ『芦沼』(亀田郷土地改良区)より