水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
水土の成り立ち
創造された日本の水土
ひく
ほる
ためる
わける
ほす
もどす
むすぶ
まもる
01:ひく もっとも基本的な取水方法。多くの場合、河川を堰きとめて水路に水を引き込みます。
辰巳用水 紙谷用水 箱根用水
辰巳用水 紙谷用水 箱根用水
紙谷用水
  写真左側が紙谷用水取水口(提供:加賀農林総合事務所)

辰巳用水は藩主が命じた事業ですが、農民が勝手に水路を引いたりすることは不可能でした。同じ石川県の山中温泉郷では1859年、庄屋・鹿野源太郎と世話役・西野庄与門の二人が、紙屋谷の里へ用水を引き、10haの水田を造る計画を立てました。許可が下りたのは6年後。しかし、深い峡谷と岩山の中での工事はたいへん困難なものとなりました。
工事費用はすべて彼らが負担し、二人は険しい山に入り、トンネル掘りの測量や工事を行いました。彼らの努力にもかかわらず、進まぬ工事に対して、近隣の村や下流の農民から工事反対の意思表示がなされ、工事への妨害は日がたつにつれて激しさを増していきました。彼らの家の柱は鍬や鎌で傷がつけられ、最後には、焼討ちにあってしまいます。わずか10haの水田、14kmのトンネル水路という小規模なものですが、このように新しく水路を造るのは命がけの仕事でした。