水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
水土の成り立ち
創造された日本の水土
ひく
ほる
ためる
わける
ほす
もどす
むすぶ
まもる
01:ひく もっとも基本的な取水方法。多くの場合、河川を堰きとめて水路に水を引き込みます。
辰巳用水 紙谷用水 箱根用水
辰巳用水 紙谷用水 箱根用水
 
箱根用水 神奈川県の芦ノ湖から1,280mのトンネルを通して、静岡県裾野市に水を引いているのが箱根用水。今から約330年前の工事です。このトンネル(深良隧道)の工事は両端から掘り進められています。合流地点の落差は、わずか1m(下図参照)。息抜き穴も備えた本格的なものです。
これは、民間の事業でしたが、4年にわたる歳月と延べ834,000人の人夫を動員して、1670年に完成しました。そして、翌年、通水が開始されます。しかし、このトンネルに関する技術的な記録はすべて抹殺されています。掘削技術が民間に広まることを、幕府が恐れたためと言われています。

黒いバーをドラッグすると、縦断面をスクロールして見る事ができます。