北のまほろば
十三湊の興亡
冬の洪水
津軽藩の大業
新田開発の陥穽
ケガヅ(飢饉)と水争い
古田放と土淵堰
大地の改良
津軽で生まれる子らに
HOME
大地の改良
前のページへ 次のページへ
さて、近代的農業土木技術が施[ほどこ]されるのは、戦後を待たねばならなかった。

食糧増産政策によって実施された第一期の国営西津軽農業水利事業(昭和19年 〜 同43年完了)がその発端[ほったん]となった。
この事業は、廻堰大溜池の嵩上[かさあ]げ、土淵堰[どえんぜき]や排水路の改修、新小戸六[しんことろく]アースダムの新設等々、用水不足と排水不良の解消を目的としたものであった。

さらに、昭和23年、国営十三湖[じゅうさんこ]干拓建設事業が着工され、湖沼[こしょう]、原野の干拓も含めて岩木川下流約8,300ヘクタールに及ぶ低湿地帯の改良が始まる。

岩木山統合頭首工
そして、昭和33年、未曾有[みぞう]の大水害により、岩木川の12堰が破壊されるにいたって、岩木川統合頭首工[とうしゅこう]が建設された(県営、昭和35年完成)。
杭止[くいと]堰を除く岩木川筋11堰を統合し、約1万ヘクタールの水秩序を一本化するという画期的なものであった。
これで、完成間近であった目屋[めや]ダムとともに、津軽平野の根本的な水秩序の近代化が図られることとなった。

実に350年に及ぶ岩木川農民の悲願達成というべきであろう。

それ以後、次々と大規模な農業水利事業が実施されていった。

この平野を袋状の流域という特殊なものにしている大きな要因は、岩木山麓[さんろく]から十三湖まで日本海に沿って伸びる屏風[びょうぶ]山の存在であろう。正確には山ではない。標高10〜30メートル、幅3〜5キロメートル、長さ30キロメートルにも及ぶ長大な砂丘である。
もしこの砂丘がなければ、この平野の水害は半減したに違いない。しかし、もしこの砂丘がなければ、今の津軽もなかったはずである。

十三湖の出口をも塞[ふさ]いでしまう日本海からの強烈な西風。この強風を屏風山が防いでいるのである。
もっとも、屏風の役目を果たすようになったのは、先人達の長年にわたる血の滲[にじ]むような努力のおかげである。それまでは、この砂丘が砂嵐を巻き起こし、田畑の作物を砂で埋めてしまうという状態が続いていた。

米反収の全国比較
4代藩主信政[のぶまさ]は、この砂山の植林計画を立て、約2万本の木を植えさせている(1681年)。その55年後には約86万本。途中、中断はあったものの明治7年までに約178万本という膨大[ぼうだい]な植樹[しょくじゅ]がなされ、この砂山は、文字どおり屏風山として津軽平野を風害から守っているのである。
昭和47年から始まった屏風山地区農地開発事業は、この植林という歴史的事業を継承[けいしょう]しつつ約千ヘクタールの農地開発、かんがい施設、道路の建設など、屏風山の総合的な有効利用を図ったものである。
現在は、野菜の主力生産地として、また、所々に残る湿地帯に湿原植物が定着し、県特別指定を受けるなど津軽の新しい名所となりつつある。

無論、これらの事業は、水田を中心とした水利システムの構築である。
しかし、この間、津軽はリンゴを日本一に育て上げ、また、野菜や畜産においても全国のトップレベルに位置するなど、農業王国としての座を築き上げてきた。

津軽が現在、農業王国たりうるのも、この地の農民の底知れぬ強さがもたらしたものであろう。

稲の伝播以来、2000余年、ほとんどあらゆる艱難[かんなん]を乗り越え、ほとんどあらゆる大地を改良して、遂にこの地は弥生型社会においても「まほろば」の座を獲得[かくとく]したのである。




前のページへ 次のページへ