水土の礎 キッズページ サイトマップ ご意見・お問い合せ
水土の歴史年表 地域の礎 水土の成り立ち 大地への刻印 国土を創造した人々 礎の歴史的展開 近代日本の礎 水土の巧
大地への刻印 part.1 国土と人々 part.2 国土づくりの歴史 part.3 技術の歩み
土地に刻む碁盤の目

日本各地に道路や水路で碁盤の目に区画割りされた土地が存在する。土地の整然とした区画割りは、為政者をはじめとするプロジェクトによる大規模な開発で、千余年前の条里は、今に名残をとどめており、また明治時代の北海道開拓の号線区画は、現在も道路や圃場の形状を規定している。現在では、より高い生産性の向上を目指す圃場整備か進められている。このような土地の計画的な利用は、都市の整備に通ずる先駆的なものといえる。